ピンポン感染に注意

pills in jars

人と病気は、ある意味でいたちごっこを続ける関係性にあります。地球上から根絶されたと宣言される病気もありますが、多くの病気はいつまでも地球上に残り続け、くり返し人を襲います。そのたびに病気を治し、また病気にかかり……ということをくり返すわけです。季節の変わり目に風邪をひきやすいという人は、そのことを実感しているかと思います。
クラミジアもまた、いったんクラビットで治してしまったからと言って、永久に無関係になれるというものではありません。この病気は感染者とセックスをすることによってうつりますが、治ったあとでまた感染者とベッドを共にしてしまうと、当然ながらまた感染してしまうということになります。
人によっては治ってすぐまたセックスをして、またクラミジアになってしまうという「ピンポン感染」をしてしまうこともあるようです。これは注意が必要です。
決まった相手がいて、その相手が感染者である場合はピンポン感染の可能性がきわめて高くなります。せっかく飲んだクラビットが無駄になってしまうので、そうならないように注意しましょう。
クラミジアを予防するにはコンドームを使ってナマの接触を防ぐのがいちばんですが、決まった相手がいるならその相手と一緒にクラビットを飲み、一緒にクラミジアを治すというのが最も良い方法です。カップルともども健康な性生活を営むことができるよう、しっかりと対処していきましょう。
女性の場合は症状が出ないケースもあるので、クラビットを買える通販サイトで商品のひとつとして扱われている検査キットを買ってもらって、調べてもらって納得したうえでクラビットを飲んでもらうと良いと思います。